神奈川県湯河原市の柑橘園がつくる食用のフレーバーオイル『季彩オイル』。
鎌倉八座では多い時には10種類ほどのフレーバーが店頭に並ぶことも。季節によって異なる香りが楽しめます。
今回はそんな『季彩オイル』のご紹介をしていきます。
おいしいおすすめレシピもお教えします!

『季彩オイル』とは、

オリーブオイルに柑橘の香りを付けた、フレーバーオイルです。

新鮮な柑橘の香りが楽しめます。

 

コチラの商品を作っているのが、神奈川県湯河原町にある柑橘園『飛田柑橘園』さんです。

飛田柑橘園さんは、有機肥料をふんだんに使用し、農薬使用も極力使用せず、昔ながらの自然に任せた栽培方法で丁寧に栽培・管理をされています。

新鮮な柑橘から抽出された香りはまさに爽やかで華やか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

鎌倉八座(@kamakurahachiza)がシェアした投稿

『季彩オイル』という商品目からも分かる通り、

季節彩るように、その時期に収穫された新鮮な農作物から香りを抽出しているフレーバーオイル。

ですから、季節によって、また収穫時期によって、いろんな香りがお楽しみいただけるのです!

柑橘ってこんなに種類が多いのか!と驚くほど種類も豊富です。

2017年には「おもてなしコレクション」金賞受賞しています。

季節を感じながら、その時出会った香りをお楽しみください。

 


ここからは、『季彩オイル』を使ったおすすめレシピをご紹介していきます。

合わせやすいお料理の幅が広いので、とっても便利ですよ!

 

シンプルに野菜にかける

お野菜の味を楽しみつつ、ほんのりと柑橘の香りが鼻に抜けます。

素材の美味しさが引きたつ爽やかな香りをプラスして。

トマトやキュウリなどの夏野菜は特に合うのでオススメ!

シンプルですが、最も季彩オイルの香りを楽しめます。

 


ドレッシング替わりに

季彩オイル+塩+胡椒

これだけで簡単なドレッシングができちゃいます。

あとはお好みで、粉チーズやだし醤油、マヨネーズを加えてもおいしい!

 


生の魚と合わせる

通常カルパッチョにはオリーブオイルとレモン汁をかけますが、季彩オイルはそれがひとつになったようなもの!

新鮮な生のお魚に季彩オイルをまわしかければ、あっという間にカルパッチョのできあがり。

大葉やみょうが、ネギなどの香りの良い薬味と合わせるのも◎

 


パスタと合わせる

特にオススメは『季彩オイル バジル味』。

トマト系ソースのパスタによく合います。

仕上げにひとかけするだけで、ほんのりと香ります。

 


焼いた魚と合わせる

お魚を焼いたのに、レモンがなかった!すだちがなかった!なんて時には、季彩オイルで代用できます。

爽やかな香りはもちろん、オイルで身のほぐれも良くなります。

カキフライなどの揚げ物にもオススメです。

 


仕上げのオイルとして

ガパオライスやナシゴレン、カオマンガイなどアジア系料理にはバッチリ合います。

お弁当箱を開けた時にフワッと香る柑橘の香りが嬉しいですね。

サンドウィッチにも仕上げに少しかけると香りが引き立ちます。

 


贅沢に麺類、炒め物と合わせる

ゴーヤチャンプルーなどの炒め物に贅沢に使ってみるのはどうでしょう。

アクアパッツァなどの海鮮の煮込み料理にもオススメです。

さっぱりとすだち蕎麦や、冷やし中華、フォーなどにもよく合うんです。

 


<番外編>デザートに合わせる

意外にも、ヨーグルトやアイスクリームにも合うんです◎

爽やかな香りが引き立ちます。ぜひ一度お試しあれ!

 


 

まだまだ色んなお料理の合わせ方、使い道の可能性を感じる『季彩オイル』。

我々鎌倉八座スタッフはこれからも、季彩オイルのおいしい使い方を研究していきたいと思います!

 

様々なお料理に活躍する逸品で旬の味覚を楽しみください。

>>オンラインショップで『季彩オイル』を見る

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA