だるまさんから、にょっきり足と手が?!

しかもよく見ると、サーフィンをしているんです。

なんとも愛らしい表情の『波乗りだるま』。

鎌倉八座で取り扱っている、『波乗りだるま』についてご紹介します。

こちらは、神奈川県三浦市の圓福寺の御住職でもある、村井タカさんの作品です。

御住職・・・ということは男性?と思った方も多いかと思いますが、女性の御住職なんです。

元々、蓮の葉の上にだるまさんが乗っていましたが、湘南・鎌倉といえば、サーフィン!ということで鎌倉八座オリジナルとして、波乗りだるまが誕生しました。

三浦七福神のひとつでもある圓福寺の敷地内に工房があり製作をされています。

いつも明るく、豊かな発想から作り出される村井タカさんの作品たちはどれもあたたかみがあり、人の心を癒します。

そんな作品たちに鎌倉八座スタッフもいつも元気をもらっています。

 


そしてなんと、この『波乗りだるま』、

鎌倉八座のオンラインショップでの販売が始まりました!

ただ、オンラインでのご購入の場合、だるまの乗っているサーフボードの色や、だるまの腕の角度などの細かい指定ができません。ごめんなさい。

(だるまさん本体の色(藍色・赤色)の選択はできます!)

ひとつひとつ村井タカさん思いの込もった手作り、しかも毎回ちょっとづつ表情や色合いが異なるのが魅力のひとつです。

>>オンラインショップでこの商品を見る

>>『鎌倉八座の店員おすすめ!シブカワイイ雑貨10選』を見る

 

やっぱり実際に見て見たいなあ、という方はぜひぜひ鎌倉小町通りのお店に足をお運びください。

他にも時期によって異なるラインナップの村井タカさんワールドアイテムが多数ご覧いただけます!

 

湘南・鎌倉の郷土玩具として、これからも沢山の方に楽しんで頂ける事を願います。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA